子育て・保育

「ダメ」「いけない」を1ターンだけ我慢する【子育ての悩みを減らそう】

「ダメ」「いけない」を1ターンだけ我慢する【子育ての悩みを減らそう】

僕自身、保育士経験10年以上、家庭でも子育て中です。

子育てをする中で、子どもの行動がイメージ通りにいかないことがあると「ダメ」「いけない」などと、つい言ってしまいがちです。

「言わない方が良いのは分かってるんだけど…」「何て言ってあげたらいいんだ…」と思っている方向けに、僕なりの心構えやテクニックをまとめてみました。

これが使いこなせるようになると、最終的にお互い前向きな気持ちになれると思います。

では、解説していきます。

「ダメ」「いけない」を1ターンだけ【我慢】する

「ダメ」「いけない」を1ターンだけ【我慢】する

「ダメ!」「いけない!」

そもそも語気が強くなりがちな言葉ですよね。

この言葉を1ターンだけ、グッとこらえてみましょう。

言われた側としては、おそらく言われた『理由』よりも『怒られた』という感覚の方が残りやすいです。

となってしまうと、声を掛けた意味が多少あったとしても『無意味』に近くなってしまいますよね。

じゃあ、一瞬で『ダメな理由』を伝えていくのか?

それはお互い、手間になります。

『理由』は落ち着いたタイミングで、簡潔に伝えるだけで十分です。

やって欲しくないことをしていたとしたら『前向きな言葉に言い換える』『自分の気持ちを伝える』という選択肢をもってみましょう。

『自分の気持ち』というのは、シンプルに「して欲しくないな」とか「嫌な気持ちになるな」とか、そういった言葉です。

『前向きな言葉』については、このあと解説します。

と、ここまで書いていますが「ダメ」「いけない」などといった言葉を使ってはいけないワケではありません。

明らかに危険なとき、すぐに止めないといけないときは、咄嗟に出る言葉としてもちろんあるでしょう。

今回お伝えしたいのは「不必要に使うことはないよね」ということ。

「ダメ」「いけない」を心の中に積み重ねて成長した子どもと、そうでない子ども、どちらが前向きな気持ちで人生を送ることができるでしょうか?

スポンサーリンク

見方を変える『箱の法則』

見方を変える『箱の法則』

『箱の法則』という考え方を紹介します。

これは『一見、短所に見える部分』を『長所に言い換える』テクニックの1つです。

例えば「落ち着きがない」

このままいくと、どちらかというと『短所』として捉えてしまいがちですね。

これを『見る角度』を変えて「好奇心旺盛」「エネルギーが溢れている」などに、言い換えてみるとどうでしょう?

目の前の出来事は、何も解決しません (笑)

ですが『大人の気持ち』がどちらかという前向きなので『これからの関わり方』が変わってくる可能性は大いにありますよね。

このテクニックを、言葉の選び方、声の掛け方に応用します。

子どもと一緒に、買い物に出掛けたとしましょう。

子どもは店内を走り回ります。

「走らない」ではなく「歩こうね」に変えてみる。どうでしょうか?

意味や内容は同じでも、受け取り側の印象は違うはずです。

子どもは『成長』大人は『訓練』

子どもは『成長』大人は『訓練』

ここからは僕の気持ち・考えです。

子どもは食事だったり、着替えだったり、トイレだったり、1つずつできることが増えて、成長していきますよね。

子どもが『地道に頑張っている』のだから、大人も『地道に頑張っていきたい』と、僕は思います。

子どもにとっては『成長』ですが、大人にとっては『訓練』に近い感覚かも知れません… (笑)

ですが、結果的に大人も『成長』できるんだなと思います。

上の方で、こんなことを書きました。

「ダメ」「いけない」を心の中に積み重ねて成長した子どもと、そうでない子ども、どちらが前向きな気持ちで人生を送ることができるでしょうか?

これ、反対に『声を掛けた側』はどうでしょうか?

「ダメ」「いけない」を言い続けた大人と、前向きな言葉を言い続けた大人。

どちらが楽しく過ごせるでしょうか?

「ダメ」「いけない」を1ターンだけグッとこらえて『言葉の選び方』を変えると、日常がより楽しいモノになるかも知れません。