子育て・保育

現役保育士が「読んで良かった」と思った本5冊

現役保育士が「読んで良かった」と思った本5冊

最近、少しずつ本を読むようになりました。

今回は子育てや保育はもちろん、人生においても役に立つな…と思った本をいくつかご紹介します。

僕が考える、これらの本を読むメリットは以下の通りです。

・子どもにどんな『声掛け』『言葉掛け』をするのが良いのか、具体的に分かる

・子育てや仕事における、ストレス軽減のヒントが見つかる

・日常生活においても知っておいて損はない、デザインの基礎に触れられる

1冊ずつ、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

現役保育士が「読んで良かった」と思った本5冊

『あたりまえ』を見直したら保育はもっと良くなる!

保育士向けの本です。サブタイトルそのままですが、足立区の保育の質が上がってきた理由が載っています。

『鼻水を拭く』『午睡』『名前を呼ぶ』などなど、1日保育をする中で当たり前のようにある出来事1つひとつに焦点を当てて、主に『考え方』が紹介されています。

適度なテキスト量、イラスト付きでとても読みやすいです。

個人的には「子ども目線って、こういうことだよな」と思えた1冊です。

極端な話、特別な保育はしなくても良いんです。

まずは目の前にある、毎日当たり前のように流れている保育を見直してみませんか?

0.1.2歳児保育 「あたりまえ」を見直したら保育はもっとよくなる!―足立区立園の保育の質が上がってきた理由 (Gakken保育Books) | 足立区教育委員会就学前教育推進担当, 玲奈, 伊瀬 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで足立区教育委員会就学前教育推進担当, 玲奈, 伊瀬の0.1.2歳児保育 「あたりまえ」を見直したら保育はもっとよくなる!―足立区立園の保育の質が上がってきた理由 (Gakken保育Books)。アマゾンならポイント還元本が多数。足立区教育委員会就学前教育推進担当, 玲奈, 伊瀬作品ほか、お急ぎ便対象商品は...

実は危ない!その育児が子どもの脳を変形させる

子育て、保育どちらにも活かせる1冊です。

あなたは言葉掛け1つで、子どもの脳が『変形』してしまうのはご存じでしょうか?

しかも不適切な養育の種類によって、ダメージを受ける部分が違うんです。

例えば、ある関わりをすると『記憶と感情』を司る部分にダメージを、また別の関わりをすると『思考や行動』に関わる部分にダメージを与えてしまう…といった具合です。

この本では、どのような関わりが子どもにとってプラス・マイナスになるのか『脳科学』の観点から紹介されています。

ケース紹介もされているので「こんなとき、どうしたらいい?」と思う場面も、対応の仕方がイメージしやすいかも知れません。

実は危ない! その育児が子どもの脳を変形させる | 友田 明美 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで友田 明美の実は危ない! その育児が子どもの脳を変形させる。アマゾンならポイント還元本が多数。友田 明美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また実は危ない! その育児が子どもの脳を変形させるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

子どもの自己肯定感は3・7・10歳で決まる

「自己肯定感が大事!」というのは、もしかしたら耳にしたことがあるかも知れません。

でもなぜ大事なのか『言葉にして』説明できますか?

こちらも脳科学の観点からの内容になりますが、こちらは『自己肯定感』にフォーカスをあてたもの。

内容はもちろん子どもに関することがメインですが、本の終盤には『お母さんの自己肯定感を高める方法』と題して、大人にもスポットを当てた章もあります。

『自己肯定感が高い』のはこれからの時代、必須になるのは間違いないと言われています。

こちらもケース紹介あり、年齢別の関わり方ありと、読みやすい構成となっています。

「全部読むのは覚悟がいる…」という方は、気になる年齢の部分だけ読むのもありかと思います。

脳科学者が教える 子どもの自己肯定感は3・7・10歳で決まる | 西剛志 | 家庭通販 | PHP研究所
悪いところも含めたすべてを肯定するのが自己肯定感。学力や運動能力、自尊心、自信など、あらゆる能力の土台です。脳の発達に合わせた関わり方次第で自己肯定感が育ちます。

反応しない練習

子ども相手というのは、目まぐるしく感情が動く『人』に関わるということ。

そこに全てついていこうとすると、ストレスに悩まされることも少なくないと思います。

表紙にも書いてある通り『ブッダの超合理的な「考え方」』を知ることができる内容です。

宗教的な内容ではなく、あくまで『考え方』に触れる1冊。

生きていく上では1秒たりとも切り離すことのできない『自分の感情』をコントロールするヒントが得られるかも知れません。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 | 草薙龍瞬 | 哲学・思想 | Kindleストア | Amazon
Amazonで草薙龍瞬の反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ノンデザイナーズ・デザインブック

「え?デザイン?」と思った方もいるかも知れません。主に保育士向けとして紹介しています。

日々の保育を写真掲示というカタチで保護者に紹介したり『おたより』など手紙を作成したりすることがあるかと思います。

この本は、デザインの『基礎』にしっかりと触れられる1冊。

頭の片隅に『基礎知識』がくっついてくれているだけで、伝えたいことが『より伝わりやすく』デザインとして表現できるようになります。

少しでもデザインして作るものがある方は、読んでおいて損はないと思います。

Amazon.co.jp: ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] eBook: Robin Williams, 吉川 典秀, 小原 司, 米谷 テツヤ(日本語版解説): Kindleストア
Amazon.co.jp: ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] eBook: Robin Williams, 吉川 典秀, 小原 司, 米谷 テツヤ(日本語版解説): Kindleストア

本を読み始めて感じたこと

本を読み始めて感じたこと

結局は『大人』も『子ども』も、考える根本的な部分は一緒なんだなと思いました。

別の記事でも書きましたが『子ども』は『子ども』である前に、1人の『人間』なんだということ。

我々『大人』となんら変わりありません。

この根っこの部分が自分なりに見えて理解できてきたら、そこからは『専門的』な知識が必要になるのかなと思います。

本を読んで大切だなと思うのは『読んで自分自身がどう思うか、どう行動するか?』ということ。

読む人によって、心に突き刺さる部分って違うと思います。

僕が突き刺さった部分が、今回この記事を読んでくださった方に必ずしも突き刺さるとは限りませんし、もしかしたら何の役にも立たないかも知れません。

繰り返しですが、大切なのは『自分がどう思ったか』

勉強しつつ『自分の意見』も、しっかりと持っておきたいなと思います。