子育て・保育

おもちゃの「貸して」「いいよ」のやりとり【言わされた言葉に意味はない】

おもちゃの「貸して」「いいよ」のやりとり【言わされた言葉に意味はない】

保育士経験10年以上、家庭でも子育て中です。

子ども複数人で遊んでいると『おもちゃの貸し借り』の場面が多いと思います。

「貸して」
「いいよ」
「ありがとう」
「あとで」

これらの言葉・やりとりの流れを伝えていくのは、他でもない『大人』です。

この記事は以下のような思いを持つ方向けに書いています。

・子どもがおもちゃの貸し借りを上手くしてくれない
・おもちゃの貸し借りって、どうやったらできるようになるのか

ちなみにこの記事では『答え』というより『ヒント』を書いているイメージです。何かのキッカケになれば幸いです。

おもちゃの「貸して」「いいよ」のやりとり

おもちゃの「貸して」「いいよ」のやりとり

そもそも他の子が持っているおもちゃに触れてみようとする・興味を持つというのは【他人への興味が湧き始めた証拠】とも言われています。

人間は1人では生きていけないので、この姿はいわば本来持っている本能的な部分ともいえますね。

そこで更に見られる場面は【おもちゃの取り合い】から始まるケンカ・トラブルではないでしょうか。

これが始まると、大人の介入が必要です。

「貸しては?」
「どうぞは?」
「ありがとうは?」

こういった言葉を投げかけたことがある方も多いと思います。とても大切なことですね。

『こういう場面では』『こういう言葉を使ってやりとり』というのは、大人が伝えていく以外、習得する術は基本的にありません。

ここで【あたりまえ】と思って、思考停止で伝えていくのではなく、考えたいことが1つ。

「貸して」「どうぞ」の【強要】【強制】になってないか?ということです。

確かにこういったやりとりは、出来るようになった方が良いし、出来るようになって欲しいという思い・願いがあります。

それをサラッと伝えるだけなら良いものの、子どもが言ってくれないからといって「貸してでしょ?」「ありがとうは?」と、いつまでも言い続けてしまうと、もはや【言わされている】領域です。

『言葉のやりとり』を教えていたつもりが、子どもにとって「貸して」「ありがとう」のやりとりが【ただの作業】になってしまいかねません。

じゃあ、どの程度伝えていけばいいのか…ということで、ここからはたとえ話なども交えながら、解説していきます。

まずは『大人同士のやりとり』に置き換えてみる

まずは『大人同士のやりとり】に置き換えてみる

たとえ話です。

あなた自身が新しい本を買った、CDを買った、何か手元で楽しめるモノを手に入れたとします。

ワクワクしながら早速、楽しみ始めます。

楽しみ始めたんですけど、2~3分も経たないうちに

「ちょっと、それ貸して」

と家族や友達から言われたとしたら、それ、貸すことができますか?

僕は貸せません。

楽しみで買ったのに、まだ自分自身が楽しんでないのに、満足してないのに…。

もし貸せるとしたら、その内容に満足した、暗記した、人にすすめたいと思った…など、こんな心理状態になったときだと思います。

大人がこの状態なのに、子どもにそれを課すのは酷だとは思いませんか?

『おもちゃの貸し借り』は、確かに必要な場面ではあるんですけど、実は大人にとっても難しい場面だということです。

『満足しているか』がポイント

『満足しているか』がポイント

大前提として、子どもは『脳』が発達途中です。感情的なやりとりは、習得真っ最中。

「貸して」が言えるように伝えていくことは、もちろん大事です。

大事なんですけど、まずはそのおもちゃで『満足するまで遊ぶこと』が、大切になってきます。

夢中になるまで遊んでいたはずなのに、突然そのおもちゃをポイっと置いて、他のおもちゃを手に取ったり、別のところに行ったりすることってありませんか?

あれはまさに【そのおもちゃで遊ぶことに満足した】姿そのものなんです。

(もちろん、他にもっと興味が湧くモノを見つけたからそっちに行った、ということもあります)

「貸してあげてもいいかな」と思えるくらい、まずはそのおもちゃで遊ぶ時間と空間を確保してあげましょう。

繰り返しになりますが「貸して」「いいよ」のやりとりを伝えるのも、大切なことです。

大切なんですけど、強要・強制するのではなく、あくまで伝える程度に。

ある日突然、おもちゃの貸し借りがスムーズにできる日が来るはずです。

過去の経験談

過去の経験談

ここからはオマケの話で、少し話題はそれます。

過去に担任を務めていたクラスで「ありがとう」という言葉について、伝えていたことがありました。

ある子どもが友達に向けた発言で、気になった言葉がありました。

「教えてもらったら、ありがとうって言わないと!」

ここでちょっと思いました。

純粋に『誰かの手助けをする』というより『ありがとうを言われるために、手助けをしていないか?』と。

「ありがとう」を強要・強制したつもりはないのですが【伝え方】が難しいなと思った1コマでした。

「そんなつもりはなかったのに」と思っても、伝わり方は人それぞれ。

【伝え方】に気を付けることは、損ではないなと思いました。