子育て・保育

今すぐ身に付けられる、3つの保育士必須スキル【男性保育士が考える】

今すぐ身に付けられる、3つの保育士必須スキル【男性保育士が考える】

保育士歴10年以上、家庭でも子育て中です。

Twitterで、以下の内容を発信しました。

■僕が考える、保育士必須スキル

・自他ともに『肯定する力』
・目の前の出来事に対して『考える習慣』
・誰よりも『楽しむ心』

完全に持論なんですけど、自信あります。

これに『学ぶ日課』が加わると、伸びる一方だと思います。

専門知識も大事なんですけど、立派な【ベース】があれば問題なし。

保育士は子どもとダイレクトに関わる仕事ということもあり、保育士自身の人間性はとても重要になってきます。

今回は、特にベースの部分に注目して解説していきます。

3つの保育士必須スキル【今すぐ身に付けられる】

3つの保育士必須スキル【今すぐ身に付けられる】

冒頭にも書いていますが、改めて以下の3つです。

・自他ともに『肯定する力』
・目の前の出来事に対して『考える習慣』
・誰よりも『楽しむ心』

『今すぐ身に付けられる』と書いていますが、これは本当です。

なぜなら、どれも【意識】1つで解決するからです。

でも『意識する』って、言葉は簡単なんですけど、キープするのが難しい。

当たり前に自然とできるようになる、いわゆる『習慣化』するまでは『訓練』だと思って、繰り返し『意識』して取り組んでみるのが重要です。

というか、それしかありません。

地道に、気長に、のんびりとやっていきましょう。

自他ともに『肯定する力』

『肯定する』と聞くと相手だったり、目の前の出来事だったり『自分以外』を対象に考えるイメージがありませんか?

それももちろん大切なのですが、それよりも先に重要だと考えているのが【自分自身を肯定する力】です。

そもそも、自分自身が満たされていないと、相手を満たすことは難しいです。

よく『自己肯定感』と言ったりしますね。

今あなたは、自分自身、自分の人生に満足していますか?

話が少しそれますが、内閣府発表のデータによると、世界的に見ても日本人の自己肯定感は低いとされています。

特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~|平成26年版子ども・若者白書(概要版) - 内閣府
内閣府の平成26年版 子ども・若者白書(概&#3520...

『肯定する力』には『発想の転換』が有効だと考えています。

分かりやすいのが、一見、短所に見える部分を長所に言い換えてみる。

例えば、室内を走り回っているお子さんがいたとしましょう。

あえて短所として表現するとすれば『落ち着きがない』

これを長所に言い換えてみます。

『エネルギーが溢れている』『体力が有り余っている』など、前向きな表現ができます。

これを日常的に、目の前で起きていることに置き換えてみます。

仕事で失敗したことがあったとしても『これをしたら失敗することに気付けた』と考えます。

『失敗』ってマイナス言葉に見えますが、こう考えられるようになると『常にプラス』です。

まずは『自分自身』を肯定する力を身に付ける。

そうすれば『相手』『目の前の出来事』など、自分以外のことも自然と肯定できるようになります。

目の前の出来事に対して『考える習慣』

『あたりまえ』と感じているものほど、意識・無意識を問わず「こういうもんだ」と思って見過ごしてしまうものです。

一貫性を持ちたい場面・状況では、それでも問題ないと思いますが、いわゆる『思考停止』の状態だとスキルアップはなかなか望めません。

目の前に、何かしらのおもちゃがあったとします。

それを見たときに、何か考えていますか?

「このおもちゃは、こうやって遊ぶ」で考えが止まっていませんか?

・このおもちゃを使うことで、子どものどんな成長を後押しするのか?
・このおもちゃの遊び方は、他にどのようなものがあるか?
・このおもちゃに触れることで、子どもは何をイメージできるのか?

おもちゃ1つ取っても、考えられることがたくさんあります。

これらは、いわゆる『専門知識』不要です。

『自分なりに考えてみる』ただそれだけです。

例として、おもちゃを挙げましたが、あらゆる場面でこの習慣は使えます。

子どもの『行動』だったり『成長の様子』だったりに、じっくりと向き合えます。

『あたりまえ』と思って見過ごさず【なぜ?】を常に頭に思い浮かべてみましょう。

誰よりも『楽しむ心』

子どもは、そばにいる大人の影響をモロに受けます。

いつもイライラしがちな大人が目の前にいると、だんだんと大人の表情を伺いながら成長していきます。

保育の現場も同じで、保育士が慌ただしく動き回っていると、雰囲気も落ち着かなくなっていきます。

雰囲気が落ち着かないから、室内を走り回る、友だちとケンカになる…これでは悪循環です。

ただ、食事の準備、食事中、午睡の準備、これらは慌ただしくなりやすい時間帯です。

これらの慌ただしさすらも楽しめるようになれば『心の余裕』が生まれます。

「食事が遅くなると、午睡の時間が遅くなってしまう」と焦ることもあるのではないでしょうか。

大丈夫です、1日遅くなったぐらいでは、何の影響もありません。

ここで先ほど出た『考える習慣』の出番です。

原因を考えて、次回から対策していけば、それで十分です。

それよりも『心の余裕』がなくなって、楽しめなくなる方が痛いです。

クラスに落ち着きがないな…と思ったとき、もしかしたらその原因は、まず自分が作っているのかも知れません。

どんな状況も『どうしたら楽しめるか』と考えていきましょう。

スポンサーリンク

自分にしかできない保育を探す

自分にしかできない保育を探す

いかがだったでしょうか?

・自他ともに『肯定する力』
・目の前の出来事に対して『考える習慣』
・誰よりも『楽しむ心』

これらは専門知識がなくても、今すぐ取り組むことができます。

この3つが意識できるようになって、そこに専門知識が加わることで『あなたにしかできない保育』が初めて生まれます。

専門知識となると、個人によって身に付けたい分野、興味のあるジャンルが異なってきます。

4つ目のスキルになりますが『学びの習慣』が加わることで、保育がもっと楽しくなると思います。

『自分にしかできない保育』をぜひ探してみましょう。