子育て・保育

子どもとの信頼関係を築く、たった1つの方法【親として、保育士として】

子どもとの信頼関係を築く、たった1つの方法【親として、保育士として】

保育士歴10年以上、家庭でも子育て中です。

先日、以下のツイートをしました。

■信頼されたいなら、信頼する

子どもに対しても、大人に対しても心掛けていることです

初めて受け持つ年長クラスのときに、意識し始めました

「話を聞いてもらいたいなら、まずは自分が相手の話を聞く」 これを心掛けるようになってから、人付き合いも心地良いことが増えた気がします

『大人 対 大人』の世界でもそうですが『信頼関係』が築けると、何事も円滑に進むことが多いです。

反対に築けていないと、上手くいかないことが増え、悪循環が生まれる恐れがあります。

・子どもと信頼関係を築くには、何を意識したら良いのだろう?

今回は、この1点に焦点を当てて、僕なりの解説をしていきます。

子どもとの信頼関係を築く、たった1つの方法

子どもとの信頼関係を築く、たった1つの方法

それは【まずは自分が、子どもを信頼する】ということです。

「信頼されたいなら、先に信頼しましょう」ということですね。

極端な話ですが、自分のことを明らかに嫌っている人を信頼できますか?

部分的にリスペクトできるというのはあるかも知れませんが、それは「こちらからの」一方通行。

【お互いが】信頼できないと、それは『信頼関係を築けた』とは言えないのです。

相手に信頼してもらえるようになるには…色々な方法が考えられます。

大きな成果を残す、相手が喜ぶことをする、など。

場合によっては、ハードルが高いモノもあるでしょう。

1番手っ取り早く、シンプルなのが【まずは自分が、相手を信頼する】です。

そして、次に大切なのが【毎日、その気持ちを積み重ねる】こと。

ある日突然、相手から信頼を得られることなんて、なかなか考えられません。

相手を信頼していれば、相手に対する【自分の行動】も変わってきます。

相手を変えようとせず、自分が変わる。

これが『信頼関係を築く』近道かも知れません。

返報性の法則

返報性の法則

心理学で『返報性の法則』と呼ばれるものがあります。

簡単にまとめると「何かしてもらったら、お返ししたくなる」というものです。

誰かにすごく親切にしてもらったとき、何かお礼をしたいなと思ったことはありませんか?

反対にいつも嫌がらせをしてくるのに、良くしてあげようと思えることってあるでしょうか?

それどころか、何か仕返しを…と考えてしまうこともあり得ます。

シンプルですが、この法則が【日々、積み重なっていくこと】を頭の片隅に入れておくと良いかも知れません。

人間1人ひとりの性格は違いますが、誰にでもこの『返報性の法則』は当てはまります。

どのくらい当てはまるかは人それぞれですが、少なからず誰にでもこの法則が当てはまる部分があることを、把握しておいて損はないでしょう。

ある意味、脳をだます?

ある意味、脳をだます?

僕は保育士なので、保育士としての例を出します。

ぜひ、あなた自身が保育士だと思って想像してみてください。

年齢は4~5歳ぐらいのクラスにしてみましょう。

あなたは、20名子どもがいるクラスの担任です。

『先生』と『子ども』という関係ではありますが、もっと大きく言うと『人間』対『人間』です。

目の前にいる20名の『人間』が、全員あなたと『相性バッチリ』ということはあり得るでしょうか?

『無い』とは言い切りませんが…正直、難しいところです。

しかし、20名全員から『信頼』されていないと、色々不都合なことも起こるでしょう。

何か提案をしたときに聞き入れてくれない子がいる、全員で何かに取り組みたいのに輪に入ってくれない子がいる…これでは困ります。

先に「信頼されたいなら、先に信頼しましょう」と書きました。

相手を信頼「できる・できない」ではなく「信頼する」一択に意識を変えてしまいます。

頭の中で考え続けてもいいですし、言葉に出してみてもいいです。

これを繰り返していく内に【脳】がこの考え方をインプットしてくれます。

『思い込み』の力…ある意味『自己洗脳』のようなものです。

ここでのたとえは『保育士』だったので、言い換えると『仕事』の中での話です。

実際、仕事の中でもそうなのですが、プライベートでは別だと考えています。

例えば、嫌いな人・気が合わない人がいたとします。

わざわざ『自己洗脳』してまで関係性を築く必要はあるでしょうか…?

そこは自分で『選択』して、今後の付き合いをどうしていくか考えるべきですね。

少し話は逸れましたが、これが僕なりの『信頼関係』の築き方です。

参考になれば、幸いです。